また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

自分にある余裕とは。

《心》《お金》《時間》
「この3つのうち、1つでも余裕がある人は強い」と学生のころ、とある大人の人から教えてもらったことがあります。


その頃は大学生で、意味が分かったような気でいました。しかし、ようやく今になってズッシリと響いてきました。




かわいいフリー素材集 いらすとや




現在は《時間》は圧倒的にあります。働けてた頃に比べれば。だから何かしなきゃ!と頭では思うのですが、《時間》はあったとしても身体や頭が上手く動かず布団とお友達の2018年でした。




かわいいフリー素材集 いらすとや



《心》も働けてた時よりは余裕があるような気がします。四季の移ろいを感じることができています。




かわいいフリー素材集 いらすとや




《お金》、ここが全くない部分。





先日、某有名漫画家さんのインタビューをお2人続けて見る機会があり、ふと、この3つを思い出しました。彼らに共通しているのは「お金はあるのに、時間も心の余裕もない」ということ。世の中は上手くいかないものだと感じました。



わたしは彼らとは真逆。同じ国の人なのに面白いなぁと思いました。
そこで気がついたのは《(健康な)身体》というワードも人の強味には必要なのではないかということです。



そう、時間があっても思い通りに動く身体や頭がなければ物事が進まないのですよね。これはわたしが脳脊髄液減少症になって痛感したことです。今までは分かっていませんでした。



そう、失ってから大切さに気が付くものでもあります。
だからこれからは《心》《お金》《時間》《身体》の4つの軸で考えていきます。


あなたは、この4つのどれに余裕がありますか?または今は余裕がなくても、この4つの中で比較的余裕があるのはどれですか?


十人十色ですよね。きっと。


そもそも《心》に余裕がないと、こんなこと考えさえもしなくなりますよね。


にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村