また走れるようになりたい

2017年なかなか治らないインフルエンザ様症状により離職。脳脊髄液減少症と判明。2019年現在ブラットパッチ2回。自宅安静療養中の記録。在宅収入を得るため模索する日々。

2019年の目標

今、1番の問題は「どうやって収入を得るか?」であります。障害年金やその他の何かで少しでもお金が貰えるならよいのでしょうが、『いわゆる』脳脊髄液減少症では何も貰えないのであります。


確定診断してもらえる脳脊髄液減少症と、『いわゆる』脳脊髄液減少症の違いは、「脊髄液の漏れがうつるかどうか?」です。
前者は健康保険も適用になりますし、公的な補助も受けやすくなります。しかし後者は健康保険適用にならず自費になりますし、診断書も出してもらえないのでパッと見「怠けてる人」と差がつかないこともあります。ここが症状以上に苦しいところ。


公的な事には「診断書出してください」と言われます。そりゃそうですよね。サボって働いてない人に助成する余裕はないですものね。しかし、働きたくても身体が動かないけど確定診断基準には満たない脳脊髄液減少症の人にとっては酷な世の中です。親や家族のスネをかじるしかなくなります。


だから今年は少しでも何かしら収入を得られる方法を模索する年にしたいです。連続して動けないなら、動けないなりに何か、、、ないのか。


とりあえずは動きにくい手をリハビリも兼ねて動かす訓練として、編み物をはじめました。毛糸買うのに資金は必要ですが、何とか売れる物が作れるようにならないか試行錯誤しています。


何とか自分の食費くらいは稼げるようになりたいものです。

かわいいフリー素材集 いらすとや
「何が食べたい?」と聞かれても申し訳なくて「もやし」や「豆腐」しか言えない現在を打破して「今日は焼肉が食べたい!」と言える生活を目指します。

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アンケートモニター登録