また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

地震後6日

2018年9月6日朝3時に起きた地震で直後に停電。我が家は震度5弱の地域で、軽い棚が倒れたりミニカーが暴走してたり、冷蔵庫が開いて中から相棒のお弁当が飛び出し床にぶちまけられたくらいで済みました。

今のところ家も傾いていなく、道路も壊れてはいません。約丸2日間停電したくらいでした。



甚大な影響のあった地域と比べてしまえば「停電くらい」なのですが、北海道全域が停電するとは思ってもみなかったので正直大変なこともあります。


どれだけ電気に依存していたのか?も明確でした。
照明や携帯の充電といった電気といってパッと思いつくものからはじまり、電気がないとお湯が出ないのでお風呂も無理。我が集合住宅は停電でも水がでる仕様だったのと、プロパンガスだったからガスも出ました。


水とガスありがたかったです。普段はひねれば水もガスも出るのが当たり前だと思って生活しているので、反省もしました。


また役立つスキル(?)もありました。一人暮らししていた時は炊飯器のご飯が苦手で炊飯器を持っておらず、土鍋でご飯を炊いていました。おかげで、停電時も炊きたてのご飯を食べることができました。
紆余曲折ある人生ですが、おかげで役立つこともあるのだと身に沁みました。

今後、、、

被害が少なかった人から日常生活に戻っていくのが望ましいと思うのですが、まだまだ物流が戻ってないのが現実です。
また電力の供給があと少なくとも2ヶ月は安定しないということなので、更なる節電をしないと計画停電になります。

北海道胆振東部地震により被害を受けた苫東厚真発電所の点検結果と復旧見通しについて/北海道電力

また計画停電しても良いように備えないといけません。そして大きな余震がきて再度停電する恐れもあるので油断できません。停電だけだったら、まだいいのですが、、、
再度大きく揺れたらココもどうなるか保証はありませんからね。

揺れやガタっという音でビクッとなってしまう生活なので、気が休まりませんよね。ここでそうなら、震源地の方は、、、と考えると己の精神がもたないので、申し訳ないのですが今は自分が生きることを考えます。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村