また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

メディキュット(着圧タイツ)を使いはじめてみた。

メディキュットを昨日(2018.07.04)から使い始めてみた。妹の勧めもあったから。横になっている時間が多いから寝ながら着けるやつにしてみた。忘れぬうちに記録しておこう。

↑↑↑これ。夏だからクールタイプにしてみた。何かいつもよりカタコトな日本語だな。

今までは

働いてた時は立ち仕事だった。だから今よりも毎日足パンパン!だからメディキュットには興味あったけど、なかなか手が出せずにいた。
理由は
①価格
1つ2000円はなかなかハードルが高かった。しかも毎日使うとなると洗い替えも必要だしね。
②サイズ←最大の理由
寝たきりなるまでは身体が小さく子供服サイズだった。大人服ならXXS。細いっていうんじゃなくて、小さいって感じ。普通体型の大人女子を縮小コピーした感じね。だからもちろん足の太さも大人女子よりないから、着圧タイツに1番求める圧迫が得られないと思ったのだ。


上記の2つの理由により、手が出せずにいた。しかし、ほぼ寝たきりになり8ヶ月で11kg太った。足の太さもたくましくなった。人生でこんなにも太ったことなどない、初体験の世界。未知の世界。


太ももやふくらはぎのサイズを測ってみたら、日本人女性の平均値に近くなっていた。これならいけそう。1番小さいMサイズを買ってみた。

実装!

装着するとこんな感じだった。見苦しい写真で申し訳ない。思ったよりキツくなくて、これなら気にせず眠れそうな予感。
膝のムニムニ感はずっと悩み。他の人はそこにそんなにぷにぷに感ないんだよなぁ。仕事してる時から感じていた。


クチコミで、端がクルクル丸まってきてしまうと書いていたけど、横になってしまえばならなかった。


装着してからトイレに行ったり少し動いてみたけど、何だか足がとっても楽。装着した方が違和感あるのかと思ったけど、むしろ逆だった。


翌朝

目覚めてみたら膝が楽だった。膝がスっとした感覚。見た目のスッキリ。あ、浮腫んでたんだな、、、と実感。

体重測ってみたら昨晩から1kg減ってた。


あとは継続しなければ意味無いと思うから続けてみることにする。

さいごに

そりゃー、運動するに越したことないことくらい分かってるぜよ。しかしながら、連続して動けぬ身体としては現実的ではないのだ。

歩いてふくらはぎの筋肉動かせば、血液もリンパもよく流れることであろう。しかし歩くことがままならない今は、着圧タイツに頼るのもありなのかも?


起立性調節障害とかにも着圧タイツ(ソックス)が効果あるって何かで見たこともあるしね。起き上がった時のクラクラフラフラにも効果あるかも?


「これでナナオさんみたいになれるかもっ!!」とワクワクしていたが、そもそも長さが足りなかった(´・∀・`)



にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村