また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で悩むこと2年。脳脊髄液減少症でブラッドパッチを行い、安静という名の寝たきり生活を送っている。ここまでに至った流れや、離職に関する手続き、寝たきりアイテムなど日々のことを記す。

たかが生理痛?かなりの激闘だよ、体験してみる?

痛みって本人しか分からないから、なかなか周りが理解し難い問題。
自分の経験したことある痛みしか知らないもんね。


そんな痛みの1つが生理痛。生理痛は男性は理解し辛く、しかも同じ女性でも軽い方には理解されない。


そう言うわたしも、当初は生理痛なんて全くなく「生理痛辛い」の辛さを理解できなかった1人。
学生の時の友達の1人には、2ヶ月に1回生理時に倒れて救急車で運ばれる子もいた。10代の頃から痛み止めがないと生活できない子もいた。


変化し始めた

30代に入った頃からだろうか。生理時に痛みを覚えたのは。最初は「あぁ痛いな」くらいの軽いものだった。しかも毎度ではなかったから、さほど気にもしていなかった。


それが気がつけば2ヶ月に1度は痛みを覚えるようになった。


祖母も母も、、、女系親族は子宮筋腫もちだったから、自分も遠くない未来何かあるだろうと子供の頃から思っていた。だから婦人科へ行った。
(1〜2年に1度は子宮頚がん検査は受けていた)

婦人科へ①

その医師には、左卵巣がチョコレート嚢胞っぽく黒くなってるけど、生理終わってから小さくなるか見てみようと言われた。
今度は生理終わってから行ってみたら、卵巣が小さくなったから問題ないでしょうと。
そこでその時の通院は終わった。

1年くらい経過後

生理を重ねる度に痛みは強くなり、痛み止めがないと動けなくなってきた。当時は立ち仕事で、時に走り回ったりしていた。それまでは痛み止めにいいイメージがなかったから、できるだけ飲まないでいた。


でも仕事できなくなるのは支障があるから痛み止めに頼った。飲むと少し経ってから痛みが楽になる。薬が切れると痛いの繰り返し。


さすがにおかしいと思い、再度病院へ。前回の婦人科は当時は行き難い場所だったのと男性医師だったので女性医師を探して行ってみた。

レディースクリニック(婦人科②)へ

問診と検査の結果、左チョコレート嚢胞と診断された。前回で軽く話しは聞いていたせいもあって、そこまで衝撃ではなかった。
念のため血液検査もしたが、ホルモンは異常なかった。


子宮内膜症に特効薬はないから、ピルを使うことになった。



現在

かくかくしかじかで、ピルを中止しているから、生理痛は直撃する。婦人科からもらっているロキソニンは痛みを抑えきれていない。「ロキソニンで効かなければ座薬」と言われたのに、その時ロキソニンで頑張ると言った自分をバカだと言いたい。座薬もらってくれば良かった。

ロキソニン飲んでも痛すぎて身動きとれない状態を想像できるだろうか?
しかも、最近ではお腹や腰の痛みだけではなく股関節にも激痛が走る。股関節から膝裏、足先まで痛い・痺れ。
ホント勘弁してほしい。


こんな辛い痛みに1ヶ月に1度悩まされる。しかも、痛いのは生理期間だけじゃないんだ。生理前と排卵日前後も痛い。
つまり生理期間が1週間だとして、生理前で1週間、排卵日前後で1週間弱。

計算するとおかしさに気がつくでしょう?1ヶ月ってだいたい4週間でしょ。そのうち3週間弱が痛いんだよ。

痛くないの1週間って。それでも「たかが生理でしょ?」って言う?


あくまでわたし個人のことで、女性が全員そうではない。もっと辛い方もいる。

救われてるのは

相棒🦑が生理痛や生理前のイライラを理解してくれていること。「生理なんだから仕方がないよ」って。この言葉にどれほど救われたか。

これを妹に言ったら羨ましがられた。妹は10年以上一緒にいる夫が全く理解してくれなくて、辛いと。妹の夫は男兄弟しかいないからか、、、

どれだけ長く一緒にいても理解できる訳じゃないんだと思った一コマだった。相棒🦑は妹いるから見慣れてたのかな?


同じ痛さは経験できないけど、その立場になれることを尊敬する。わたしも自分の経験したこと以外も想像して想いやれる人になりたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 顎関節症・顎変形症へ
にほんブログ村