また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

離職して保険証がない場合、病院での負担金や返金方法をまとめてみた。

離職や転職すると、保険証が手元にない期間ってありますよね。その時に医療機関にかかる場合の事を自分の経験でまとめてみました。

保険証がなくなった理由

わたしは病気の為に離職しました。離職すると当然離職日に保険証を返却しますよね。その時点から保険証なし子になる訳です。離職直後に入院も控えていたのですが、どうしようもありません。


離職した後、保険証を手にするには離職票が必要になるのですがわたしの場合は離職票が届いたのが離職翌月の中旬だったのでほぼ2ヶ月保険証がない状態でした。離職した日と、給料の締め日の兼ね合いでもう少し上手く辞めていればもっと早かったのでしょうが病気で辞める場合は考えてる余裕なんてありません。そんな余裕あれば、辞めてません。



そんなこんなで2ヶ月保険証はないものの、病院には行かねばならなかったことの記録です。覚書みたいなものです。


病院に行く際の流れ

まずは病院(薬局)で診察券(処方箋)を出す際または初診(はじめての)受付する際に、「保険証がまだ届かない」旨を一緒に伝えます。


わたしの場合、離職票が届かないことには保険証の申請すらできなかったのですが離職票が届き次第申請すれば離職日翌日から遡って保険証が適応になると確認とれていたので、この言い回しにしました。



保険証が手元にない事を受付に伝えると病院によって何パターンか異なる言われ方をします。

  1. 「保険証ないと本日は10割負担になります」
  2. 「保険証届いてからの支払いの方が楽だと思うので、保険証が届いてから支払いに来てください」

大きくこのパターンに分かれました。

1の10割パターンも返金方法は2つに分かれました。
1-a. 「今月中に保険証持って来てもらえれば、この窓口で返金できますが過ぎると自分でやってもらうことになります」
1-b. 「いつでも保険証持って来てもらえれば返金できます」


つまり1-bパターンはとても楽です。保険証が届き次第、次の診察などの時に持っていけば返金してくれますので。また2のパターンも届いてから払いに行けばいいので、一旦10割負担しなくても済みます。



どのパターンになるかは、その病院の方針によりますので窓口で確認してください。
わたしの場合、2のパターンは入院した病院だったので助かりました。数千円レベルでも10割負担はキツイのに、入院となると万単位になるのでσ^_^;
大きな病院だから可能な支払い方なのかもしれません。個人病院だと払ってもらわないと困りますものね。

自分で申請するってどうやるの?

病院の窓口で聞いても埒あかないな、と思ったので自分で調べてみました。すると、保険証の発行元に申請するみたいです。
保険証を忘れた!医療費を全額自己負担した時の返金方法と返金額←こちらを参考にしました。


わたしは現在、とりあえず扶養に入れてもらっているのでそちらの保険組合の担当者に明日確認してもらい必要書類を準備します。領収書だけで良ければいいなぁと思っております。
この追記は後日しようと思います。

さいごに

離職すると何かと面倒ですよね。しかも病気で離職するとなると尚更体も頭も動かないので即行動ができません。だから必要に迫られる前に何となくでも知っておいた方が楽だと思います。家族がやってくれるのであれば大変助かりますが、個人情報保護のご時世なので本人しかできないことも多いですからね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村