また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

自宅療養と入院の違い

ブラッドパッチ(BP)後の安静期間を、どこで過ごすのか?
※主治医さんの方針などにより異なると思います。

他の方のブログなどを見るとブラッドパッチ後少し入院しないといけない病院もあるみたいですが、マルザルの主治医さんは当日帰宅できました。


朝一でBPをやった後、夕方麻酔が抜けたくらいで帰宅でした。


【事前の説明】では自宅療養前提の説明でした。入院は完全自己負担になるから、かなりお金かかるから家で寝てなさい。と。
しかし【直前の説明】では「家で安静にできるのか?」と入院を促されました。真逆なんです。



【事前の説明】では自宅療養前提でしたので、お金もかかるし入院は大変だからマルザルも自宅療養を考えていました。しかし、お金を負担してもらう父と相談したらお金かかっても入院の方が安心じゃないか?と入院を勧められました。
確かに家で寝たきりになったとしても、相棒🦑に苦労かけてしまうし。ましてや年末年始、相棒🦑の仕事は忙しくなるから負担かけたくないなぁと思って入院の方向で考えることにしました。


しかし当の本人🦑にそれを話すと「え?!クリスマスと正月あるのに、、、?(´・ω・`)」と悲しそうな顔をしてました。
あ、マルザルが思ってたのとは逆なのね。家にいた方がいいのか!と分かり自宅療養を選びました。


病気になってしまうと勝手にマイナスに考えてしまい、家族や周りに負担かけたくない、、、と頭でグルグルしてしまいます。でも自分の中で考えてるだけではダメだと気付かされました。言葉で言わないとお互いの考えは分からないものですね。

自宅療養の良いところ・悪いところ

●メリット
  • マイペースに過ごせる
完全にここが第1ですよね。日中家族が自宅にいるかいないかで異なるかとは思いますが・・・(T_T) 日中誰も居ない家なら誰に気を遣う事もなく、我が道を歩めます。 入院していたらカーテン越しに他の人がいるので、基本音を立てないように生活しないといけません。
  • 費用を抑えられる
家賃・光熱費はかかりますが、入院費用はかからないので出費としては抑えられます。自宅にいなくても家賃はかかりますしね。 ●デメリット
  • 食事を用意できない
入院していれば定時に1日3回食事が出てきます。しかも栄養士さんがバランスを考えてくれている食事が。自宅だと自分で用意しないといけません。しかし、動けない時は1日何も食べれずに終わることも少なくありません。相棒🦑が帰ってきて(22:00とか)はじめて食事という日が多いです。
  • 買い出しに行けない
1日23時間臥床安静してないといけない、というよりむしろ動けないので外に出られません。家族など協力者がいないと飢え死にします。最近ではネットスーパーなど宅配してくれるところもありますので活用できる方はいいかもしれませんが、そこまで余裕ないと思います。
  • 刺激がない
家で寝たきりになっていると触れ合う人が限られてしまいます。家族だけ。入院していれば看護師さんや他の入院患者さんなど誰かしら居ます。

今現在健康な方も、自分ならどうするか考えてみてください。いざという時には、じっくり考える余裕ありませんからね。

①まずは自宅の家族構成

1人暮らしなのか、複数暮らしなのか?
1人暮らしなら否応無く入院した方がいいと思います。マルザルも相棒🦑と住んでなければ入院しか選択肢はなかったです。飢え死にますからね。

②同居してるのは親なのかパートナーなのか?

その人との関係値が左右してきます。もしも親の場合で、長いこと一緒にいるのが苦痛の人は入院をオススメします。
親だから全て甘えられるという訳ではない家庭もあります。むしろ親だからこそ無理っていうパターンもあります。何週間もベッドとトイレの間しか行動範囲ありませんから。

③孤独に耐えられるか?

これは性格によると思われます。
長いこと1人ぼっちが耐えられないウサギさんのような方は入院してた方が話し相手いていいですよね。逆に気を遣うことにストレス感じる方は自宅。

④季節はいつなのか?

夏と冬どっちなのかにもよりますよね。またはお住いの地域によっても。マルザルの場合はまだ冬だったので布団かけてれば何とかなります。暖房はストーブありますからね。

しかし夏なら入院を悩んだと思います。だって北海道の集合住宅ってエアコン付いてないところが多いんですもの。お高いところだと付いてるのだと思いますが(´・ω・`) まぁ北海道は暑くて寝れないって日は数えるくらいしかないのですが。

入院していえば温度は適温に保っててくれますしね。
あとは家族が病院まで通えるかどうかによっても変わりますよね。冬場の北海道は道路悪いから通うの大変です。

結局のところ

何が我慢できて、何が我慢できないのか?のさじ加減ですよね、、、こう言ってしまえばおしまいなのですが。
入院していれば、いざという時は安心です。点滴もしてくれますし、ご飯もあります。

もしも災害が起こった時も入院していた方が助かる確率は高いですよね。自宅で1人ぼっちの時に災害起こっても自力で逃げることができません。

入院できる環境があり、年末年始など特殊な時期ではない限り、最初の1ヶ月は入院した方が個人的にはオススメです。
家事禁止と言われても、家にいれば罪悪感に苛まれます。

いつものように

また訳がわからなくなったので終わります。
BPをすると、BP前より一時的に体調が悪くなると言われています。マルザルは一時的悪化なのかは時間が経ってみないとわかりませんが。。。このままでないことを祈るしかありません。

大事なのはBP後、安静にできる環境です。どんなに名医がBPしてくれたとしても安静にしてなければ治るものも治りません。何が完治かわからない症状なだけに一生の付き合いではあるのでしょうが、全てを犠牲にして安静にするだけなんですよね( ゚д゚)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村