また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

大人なのに子供服がちょうどよい。

お題「これって私だけ?」

世の中には「大きいサイズの店」は豊富にあるが「小さいサイズの店」は少ない気がするのはマルザルだけだろうか?そして、小さいサイズは高い。

自覚したのは最近だった。

身長155cm・体重42kgのマルザル。高校から身長も体重も変わっていない。体脂肪率も標準。
自分では標準の体系だと思っていた。だから服屋さんではMサイズを選んで着てた。


高校の時の制服は13号だった。バレーボールをやっていたから肩幅も広かったし、母親からずっと「あんたはケツでかい!」と言われてたから。


社会に出て収入を得てから自由に服を選べるようになったが、何かしっくりこなかった。Gパンも着こなせるのがなく、Gパンも1度履くのをやめた。



●きっかけ
既製服が合わない事が分かったのはスーツを買いに行った時。何も考えず紳士服屋さんのレディーススーツを試着しようとした時、お姉さんに「サイズは何号ですか?」と聞かれた。当時のマルザルは何号かという「号」の概念が分かっていなかった。


サイズ表


だからお姉さんが見た目で適当に何サイズかもってきてくれた。標準サイズという7号はブカブカで大き過ぎた。だからお店にある1番小さい5号サイズが作られているスーツを持ってきてもらった。しかし、それでも大きい。

もうこれより小さいのはないということで5号を詰めてもらうことにした。高校の時の制服は余程大きいのを着てたんだと自覚した。


それから5号サイズより小さい服が置いている店を探し始めた。


●小さいサイズの店へ初陣
都会にはあるのかもしれないがマルザルの住んでいるところには皆無。ようやく見つけたのはデパートと呼ばれる高級な所に入っている「小さいサイズ」のブランドを集めてる売場くらい。
試しに行ってみた。当時のマルザルは20代前半。店員さんは60代超えてない?!ってくらいのお姉様。店内を見渡すと店員さんの世代の洋服が並んでいた、、、。でも3号サイズなど小さいものが豊富だった。


お姉様が声をかけてきた。
マルザル「仕事で使えるシンプルなズボンを探してるんです」

お姉様 「あなたぐらいの若い子なら、これが無難だよ」

と、お姉様が見せてくれたズボン👖。


マルザル 「ぶ・な・ん??!!!👀💦」




















とても綺麗なゼブラ柄のズボン👖だった。



マルザルの目が点になり、「無難」という単語を辞書で引きたくなった。



「ここじゃ無理だな」と諦めがつき、店を後にした。
マルザルの初陣は強烈なお姉様に敗退した。



●月日は経って少し大人になった
体に合う服はマルザルには無理なんだと、お姉様からの教訓で学びMサイズの服をとりあえず数年着ていた。
しかし仕事でカチッとしたスーツを買わないと行けなくなり再びデパートなるところに参戦。

今度は当時より拓けた街に住んでたからデパートも数あった。そこで30〜50代くらいの女性が選びそうな「小さいサイズのセレクトショップ」に行ってみた。そこで1番小さいサイズは3号。試しに試着してみたら、マルザルは3号でも少し大きかったから詰めないといけなかった。


しかし、今まで着た中で1番ピタットきた!今までは着せられてる感というか、いつまで経ってもリクルート感が出ていたけれど今回のは「できる女風」になった!(※個人的な感想です)


こんなにピタットくるなんて!マルザルは3号より小さいサイズなんだなぁ!ダブルの感動であった。値札を見ると上下で「6万円オーバー😱」。
そう!小さいサイズ専門店は高いの!前回の教訓はあったが諦めきれずに小さいサイズ置いてる店を探してはいた。が、買える値段ではないんだよ。庶民には。


マルザルは悩んだ。しかし、スーツは長年着れるし。体型も変わる予定もないからなぁ。でも6万。マルザルは思い切って買った。しかし買って4年経つ今でも問題なく着れている。


庶民価格の小さいサイズはないのか?

ネット通販が一般的になり、検索すれば小さいサイズも少し出てくるようにはなった。しかし、こればっかりは試着しないとね。


そんなモヤモヤした生活をしながら、ぶかぶかの洋服を着ていたマルザル。若い時はよかった。しかし、30歳を超えてそろそろブカブカも見苦しくないか?の自問自答が始まった。


そこから、庶民価格で体にフィットするの服を探しはじめた。


出会いは姪っ子が生まれてから。姪っ子のプレゼントに「アカチャンホンポ」や「西松屋」などのベビー服を見るようになったのがきっかけだった。
ベビー服の隣には少し大きな140cmや150cmの少しお姉さんの服も売っていた。それを見た時に「あれ?」と感じた。


「これ、入るよ、、、」と。


試しに子供服の150cmのTシャツを買ってみた。


ちょうどよい。むしろ少し余裕がある!

マルザルは150cmサイズがいいんだ!と気がついた。140cmはブランドによってちょうど良いものもある。ようやくピッタリな服に出会えた。
マルザルは骨格が小さかったようだ。


そこからは、大人が着てもよさそうな子供服を探す旅がはじまった(*`・ω・)ゞ



現在の子供服3大レパートリー

①GAP KIDS 《ギャップキッズ》



無印良品

③GU 《ジーユー》


ここは王道の3つ。シンプルなデザインだから大人でも問題ないもんね。
GAPはアウトレットにも入ってるから、アウトレットメインで仕入れている。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村