また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で悩むこと2年。脳脊髄液減少症でブラッドパッチを行い、安静という名の寝たきり生活を送っている。ここまでに至った流れや、離職に関する手続き、寝たきりアイテムなど日々のことを記す。

(暗い話)病気になると罪悪感に取り憑かれる

原因が分からない体調不良が続くと、心因性じゃないか?と見られてしまう。

まぁ確かにゼロではないと思う。

ただ心が疲れてしまうのは、病気になってからだと思う。



職場・家族・相棒、、、


罪悪感という魔物がとり憑いてくる

職場に対して

これから繁忙期なのに穴を開けてしまう事。
体が第一だとは分かってるし、体調不良のまま現場にいたって逆に迷惑かけてしまうことくらい分かってる。

別にマルザルの1人いないくらいで、職場はどうにもならないことぐらいも分かってる。

ただやり残した感満載で。
何か中途半端な気がして。

全てをぶん投げて若い子達に押し付けてきてしまった気がして。

上司との面談でも涙が溢れてしまった。

申し訳なさが溢れてきた。






結構適当な性格だと思っていたマルザルだが、
こんな感情が出てきている自分に気がついた時
クソ真面目か!って自分に突っ込んでしまった。


家族に対して

やはり「お金」。
少しばかりの蓄えも、病院巡りで底が尽きて。
むしろもうすでにマイナス。

今月からは収入もなくなるから父に頼らざるを得ない。


マルザルはもう父しかいないから頼れるのは父のみ。


父も苦労してきたこと知ってるから、もう父には楽させてあげたいのに。
離婚してから父に迷惑かけっぱなしだ。


せめての親孝行は親より先に死なないことかな。
自分の意思でコントロールできる範囲において。

相棒に対して

相棒と付き合い始めたのは今年の2月から。
まだ1年も経ってないのに、夏くらいからどんどん体調悪くなってきて、、、


できるだけお金の負担はかけたくないから、そこは父に頼ってる。


病院に連れてってもらったり。
せっかくの休みを1日中マルザルの病院巡りで付き合わせてしまったり。


「ほんとにごめんなさい」
という感情が湧いてきて涙が溢れる。


病院で結果が出て原因がわからない度に、
「こんな体でごめんなさい」と涙が溢れる。


子供はいらない!と宣言してくれてるから、
子宮内膜症で子供ができないことに関してはとても救われている。



職場・家族・相棒の3者に関して涙が1番溢れるのは相棒に対して。

捨てられるという恐怖心ではない。
やはり申し訳ない。という感情。


疲れて帰ってきてるのに、マルザルが動けないから相棒がご飯作ってくれる。
いつもありがとう。そしてごめんなさい。


相棒には感謝しきれないほど感謝している。




でもふと考えると、相棒と付き合うまでは1人ぼっちだった。


離婚してから1人だった。
まわりに男性がいなかった訳ではないが、そこまでではなかった。
ましてや今考えれば、現状のマルザルになってもソバにいてくれる人はいなかったであろう。


特に信仰とかはないマルザルだけど
ざっくりした意味の神様という言葉を使うと


神様っているんだなぁと痛感し始めた。



1人ぼっちの時に、現状のような体調になっていたら
身動きもとれず食べ物飲み物も調達できず外にも出られず
飢え死に状態であることが眼に浮かぶ



生存確認をしてくれる人がいる。
心配してくれる人がいる。
ちゃんと食べているか気にかけてくれる人がいる。
こんな状態なのにソバにいてくれる人がいる。



自分の殻に篭ってしまって、謎の体調不良を・自分の不運さを呪うことばかり考えていたら見えてこない世界。



ヒトは1人では生きていけない。

ほんとだね。



離婚した時、もう一生1人でいい!と思ったくらい疲れてしまった時期もあった。



でも違うね。



やはりヒトは支え合いながら生きていかないといけないのね。



健康だったら、それが当然になってしまってないがしろにしてしまう。



これを書いているだけで、涙だらだら💦



このまま歩けないのかな?とか。
社会復帰できないのかな?とか。


考え出したら心がいくつあってももたない。



食べたいものある?って聞かれても、自分の収入なくなるのに買ってもらうことに罪悪感覚えて我慢してしまう。



やはり自分の収入がほしい。



この罪悪感から抜け出したい。



早く完治してくれ!とまでは言わない。
ただ原因が分かって対処方法が分かって、それを踏まえて少しでも収入が得れるようになりたい。



欲張りかな。








相棒にはきちんと感謝を伝えようと思ったマルザル



お題「最近涙したこと」


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓よければお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村