また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

耳鼻咽喉科へ

喉に違和感を覚えた11月24日14:30頃。
うまく歩けないマルザルが、雪降る中1人で病院に行けるのか?!
の葛藤をした結果、明日から週末で悪化しても病院にすら行けなくなってしまうから何とか起き上がってタクシーを呼んでみた。

金曜日の夕方にやってる耳鼻科で、ある程度大きな所で探し当てた今回の耳鼻科。
看板は耳鼻科だが歯科も併設されていた。
小児の難聴外来もあるようで未就学児で溢れていた。

子供に人気ある耳鼻科はよい耳鼻科。とマルザルが勝手に思っているから
第一印象が良かった。

症状としては
  • 喉の違和感
  • 喉の左側腫れ
  • 喉の左側に白いできもの
  • 飲み込むのが辛い
  • 左耳痛い
  • 微熱(いつもだけど)

受付

健康保険証を出して、問診票を受け取り記入。
「待ち時間長くなりますが大丈夫ですか?」と受付のお姉さんが聞いてくれた。
この一言あるだけでもかなり違うものよね。

20人待ちだったけれども、先生たくさんいるようで1時間も待たなかった!!
耳鼻科で1時間以内なら早い方!

診察

女医さんだった。
喉と耳を見てくれた。
耳を見る時はベッドに寝させられ、見てくれるという初めての経験。
溶連菌の可能性もあるから検査してみることに。

検査結果出るまで10分ほど、中待合室で待ってるようにと。
しかし、隔離された離れた場所を指示された。
溶連菌の場合の為にだね。
逆に隔離されてた方が空いてるし、他のウィルスもらう心配ないからいい!

結果

溶連菌は陰性であった。
急性扁桃炎であろうということで5日分の薬が出た。
抗生物質2種類と、整腸剤、解熱鎮痛消炎剤。

会計

院内処方で薬代も一括で精算だった。
合わせて2000円ちょっと。
まぁ、そんなものかな。


免疫落ちてるのか、1ヶ月に1度は喉腫れてる気がする。
薬効いてくれば、固形物も食べられるようになるでしょう!という先生の話だったからしっかり飲もう。


この2日間寝込んでいたのは扁桃炎のせいだったのね。
てっきり脳脊髄液減少症の流れだと勘違いしてたわ。


ついでに魔の生理

ピルを飲んでいても、きちんとやってくる生理様。
今朝から腰とお腹痛いなぁと思っていたら、案の定やってきてくれちゃった。
子宮内膜症だから生理の度に痛み止め欠かせないけど、今回は喉のロキソニン飲むから一石二鳥!

左のチョコレート嚢胞だからか、左の足の付け根も痛い。

そこで、はっ!と気がついた。
子宮内膜症と歩けないのは関係あるのかな?と。

次の神経内科で聞いてみよう。
分からなければ婦人科で聞いてみよう。

同じ左だからね。