また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

ブログの意味

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」

 

ここは

はじめてからまだ数日の初心者だけど

以前は違う所で何年か継続して書いていた。

 

そこではそこで出会った方と仲良くさせてもらい

チャットなどでコミュニケーションもとっていた。

 

そこは居心地よかったんだけど、

私生活(vs親)のゴタゴタがあり

何もかも嫌になって

全てを辞めてしまった。

その人達に挨拶も出来てない。

 

あんなに良くしてくれていたのに

そこが気がかりで大変申し訳無いことをしたと

思っている。

 

ブログを書くにあたっては

色んなジャンルがあると思うが

・普段言えない事を吐き出す場

だったり

・普段の生活とは真逆を演出できる場

だったり

・私生活自慢

だったり。

 

ブログの訪問数を増やすには

楽しい事やペット、流行のものなどを

統一性のあるネタで書いていた方がよい。

 

普段言えない事を言ってるブログは

誰も読みたくないだろうし

自己満足の世界。

 

前のブログは

変に仲良くなってしまったので

私生活の現実世界と同じように

本音で書けなくなっていた自分がいた。

(まだ若かったこともあり)

 

しかもチャットしてると

途中で抜け出せなくなり

夜更かしになって生活リズムも崩れていた。

 

それからブログからは離れていた。

読むのも書くのも。

 

しかし2年間ずっと体調悪くて

原因もずっと分からなくて

悶々とした生活をしていると

症状について検索してしまうもの。

 

病名がついてないから

専門的なサイトより

心の拠り所として見ていたのは

同じような方のブログ。

 

症状は若干異なっていても

悩みは同じなんだなぁと。

わたしだけではないんだと。

勇気を貰えた。

 

でも、その方々のブログ読んでも

現役で継続されている方にはまだ出会えてない。

だいたい数年前から突然更新が止まっている。

 

・回復してブログに書く余裕もないくらい充実した日を過ごしているのか?

・悪化してブログすら書けない状態なのか?

・亡くなってしまっているのか?

・そもそもブログに飽きてしまったのか?

 

理由は分からないけど

予後がどうなったのか分からない。

 

ただわたしの支えになったことに間違いない。

 

そんな時に、わたしも記録に残そうかと思った。

 

別に体調の悪い日記を読みたい人なんていない。

でも1人でも何らかの理由でここに辿り着いて

わたしが思ったように参考になったら。

 

誰かに影響力を与える程の人間だとは

全く思ってもないが

何があるか分からないから。

 

あとはもう1つ。

自分の頭の中の事を文字にする、

つまり第3者に伝える練習のために。

 

どんなに具合悪くて病院に行っても

医師に上手く伝えられなければ

どんな専門医だって見つけられるものも見つけられなくなる。

しかも病院に行くのなんて、

頭がフル回転出来てない日。

 

そんな時にスマートに伝えるためには

普段から練習しないといけないと痛感したから。

 

病院だけではない。

普段の生活でもそう。

意思の疎通が出来てなければ

上手くいくこともいかなくなる。

 

わたしは自分の気持ちを伝えるのが下手くそで、

ほかの人に指示してやってもらうよりなら

自分でやった方が早いって思ってしまっていた。

 

でもそれじゃ自分が辛くなるだけなんだと。

 

周りの人に手伝ってもらったり

助けてもらったり

割り振りする事も大切なんだと。

 

特に自分の体と頭が動かなくなってから

痛いくらいに実感したこと。

 

でも今までやってなかったから

どのように伝えればいいか

理路整然とは難しい。

 

ましてや頭が回ってないから。

 

このオバサン、

何回も同じ話するなぁと

思われてるんだろうな、

と自分でも思うぐらい。

 

だからブログは

練習の場であり

修行の場であり

吐き出す場でもあり

記録でもあり。

 

何年かここを続けられたとして

その時昔の記事を読み返せば

若かったなワタシ

って思える日も来ると信じて。