また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

メディキュット(着圧タイツ)を使いはじめてみた。

メディキュットを昨日(2018.07.04)から使い始めてみた。妹の勧めもあったから。横になっている時間が多いから寝ながら着けるやつにしてみた。忘れぬうちに記録しておこう。

↑↑↑これ。夏だからクールタイプにしてみた。何かいつもよりカタコトな日本語だな。

今までは

働いてた時は立ち仕事だった。だから今よりも毎日足パンパン!だからメディキュットには興味あったけど、なかなか手が出せずにいた。
理由は
①価格
1つ2000円はなかなかハードルが高かった。しかも毎日使うとなると洗い替えも必要だしね。
②サイズ←最大の理由
寝たきりなるまでは身体が小さく子供服サイズだった。大人服ならXXS。細いっていうんじゃなくて、小さいって感じ。普通体型の大人女子を縮小コピーした感じね。だからもちろん足の太さも大人女子よりないから、着圧タイツに1番求める圧迫が得られないと思ったのだ。


上記の2つの理由により、手が出せずにいた。しかし、ほぼ寝たきりになり8ヶ月で11kg太った。足の太さもたくましくなった。人生でこんなにも太ったことなどない、初体験の世界。未知の世界。


太ももやふくらはぎのサイズを測ってみたら、日本人女性の平均値に近くなっていた。これならいけそう。1番小さいMサイズを買ってみた。

実装!

装着するとこんな感じだった。見苦しい写真で申し訳ない。思ったよりキツくなくて、これなら気にせず眠れそうな予感。
膝のムニムニ感はずっと悩み。他の人はそこにそんなにぷにぷに感ないんだよなぁ。仕事してる時から感じていた。


クチコミで、端がクルクル丸まってきてしまうと書いていたけど、横になってしまえばならなかった。


装着してからトイレに行ったり少し動いてみたけど、何だか足がとっても楽。装着した方が違和感あるのかと思ったけど、むしろ逆だった。


翌朝

目覚めてみたら膝が楽だった。膝がスっとした感覚。見た目のスッキリ。あ、浮腫んでたんだな、、、と実感。

体重測ってみたら昨晩から1kg減ってた。


あとは継続しなければ意味無いと思うから続けてみることにする。

さいごに

そりゃー、運動するに越したことないことくらい分かってるぜよ。しかしながら、連続して動けぬ身体としては現実的ではないのだ。

歩いてふくらはぎの筋肉動かせば、血液もリンパもよく流れることであろう。しかし歩くことがままならない今は、着圧タイツに頼るのもありなのかも?


起立性調節障害とかにも着圧タイツ(ソックス)が効果あるって何かで見たこともあるしね。起き上がった時のクラクラフラフラにも効果あるかも?


「これでナナオさんみたいになれるかもっ!!」とワクワクしていたが、そもそも長さが足りなかった(´・∀・`)



にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

やる気だけではどうにもできないこともある

色々書きたいことはあるんだけれど、気力体力がもたない💧💧💧
あれを書きたいという話はあっても、言葉が出てこない。やる気はあっても、身体がついてこない。


脳脊髄液減少症のブログを当初探していた時に、全く見つからなかったのはこれが原因の1つなんだろうな_(-ω-`_)⌒)_


頭が回らずパッパラパーなんだよね。


常にインフルエンザになってるような状態だから(ノД`)怠い重い痛い。


前進したことをまとめたいのに、次回にしよっと。





にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

相談してよかった。少し前進した日。

耳鼻科で色々相談して少し前進できた日だった。




寝てるだけじゃなくて、少しプラスαの対策も増えたから少し期待している。詳しくは後で。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村

進撃の巨人 ガチャをやってみた

ガチャガチャ?ガチャポン?呼び方がどれなのか分からないけど、好きで見つけたら何があるかチェックしちゃう。


昨日外界に連れ出して貰った時、トイレ待ちしてたら見つけたんだ。

進撃の巨人のガチャ発見!リヴァイ兵長欲しいなーって見上げていた♿。

さすがに3段の1番上は届かない。

待ってる間、回らぬ頭で考えて、、、


戻ってきた時に300円渡してまわしてもらった!(๑ ́ᄇ`๑)自力じゃまわせん!

リヴァイ兵長出ますように!!!っ

結果はエレンでした。主人公なのにため息ついてごめんね。


(๑•🐽•๑)ブ-


しかも今時のカプセルって、パカっとしないんだね。爪ついてて、引っかかってる感じ。逆に開けれないσ^_^;


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村

マウスピースの洗浄剤を低コストで楽に収納

顎関節症などの対策で使用するマウスピース。使わない時は水につけて置かなければならない。そして口に入れる物だから清潔に保ちたい。


皆さんはどうやって洗浄しているのだろうか?
わたしは歯科主治医に「~で洗ってる人もいるよ」との言葉よりずっとそれで洗ってきている。

洗浄剤

入れ歯洗浄剤 部分入れ歯用 ポリデント 108錠

入れ歯洗浄剤 部分入れ歯用 ポリデント 108錠

これ、入れ歯用洗浄剤。

種類は色々あるから、その時に安い方を買っている。

小林製薬のパーシャルデント 部分入れ歯用 洗浄剤 ミントの香 108錠

小林製薬のパーシャルデント 部分入れ歯用 洗浄剤 ミントの香 108錠



起きてマウスピース外して、流水で洗う
↓↓↓
水を入れた容器に入れる
↓↓↓
その容器に洗浄剤ポンっ
↓↓↓
夜寝る時、流水で洗って装着


この流れね。

洗浄容器

容器は蓋付きのが良かったから、キッチン雑貨屋さんで見つけたものを使ってる。本体はガラスで蓋が赤いの。赤好きとしては迷わす購入。

こんなの。同じかどうか分からないけど、見た目はそのまま同じ(^^)


この容器にしてから1年は経ったかな。ガラスだから汚れたら洗えばいいし、ハイター漬けても、オキシ漬けても好みでできるから楽チン。

洗浄剤の収納

バラバラになる洗浄剤に悩むこと半年以上。洗浄剤入れるのに適度な大きさの箱を探していた。洗面所の扉の中に入れるだけだから、そんなにお金出して買うつもりもなくダラダラ月日は過ぎていった。


そこでふと思いついたのが、これ。

マスクの容器がジャストフィット!

洗浄剤用に作られてるんじゃないかってくらい、丁度良い。

しかもマスク買うたびにケース増えるから、経済的ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

今の時代、マスクは大抵の家に常備されてるよね?!



おわり


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村

2018.07.30.22:04

我慢している訳じゃなくて、本気で暑いと思ってないから気をつけろ!

『この部屋暑い!!《゚Д゚》』

仕事から帰宅した相棒にたまに言われる言葉。本人(わたし)としては「そうかなー?」と思いながらも扇風機をまわす。



わたしは現在1人で外出できない状態だから、基本的に家の中がわたしの世界。相棒が休みの日(週1~2)に体調が良ければ病院に連れて行ってもらう流れ。だから相棒が仕事に行っている日は24時間家の中。


北海道だからエアコンない集合住宅も多い。本州みたいな酷暑にはならないから、特にエアコンの必要性は感じない。そのため窓を開けたり扇風機を回したりするのが短い夏の過ごし方。


わたしには窓から見える景色と、窓から入ってくる風が外界を感じる方法。


寒暖差の大きい土地柄、昨日より今日は暑いとか、夜より日中が暑いとかは当たり前。だからわたしとしては違和感なく過ごしていた。


なのに相棒には帰宅早々『暑い!窓開けてる?外より部屋の中の方が暑いよ!』と言われる始末。


まじか!外の方が涼しいのか!そう言われて扇風機を付ける。



そんなやり取りが何回かあった。


体温調節苦手なわたし

わたしは熱がこもりやすい。だから保冷剤で調節したりする。生活習慣悪かったのかな、、、とかぼんやり考えてたら姪4歳も体温調節苦手な事を思い出し体質なのか?とも思った。


そんなことをぼんやり考えながら、ふと、熱中症で亡くなる高齢者のニュースが頭に浮かんだ。


「あ、、、、、」


そのニュースと、相棒の『この部屋暑い!』が重なった。


本人は暑いと思ってない

何でこんなに暑いのにエアコンつけてなかったんだ!?なんて言われる熱中症のニュース。もちろん電気代とかその他の理由もあるにはあるんだろうけど、1番の理由って本人はさほど暑くなかったからなんだなって。


家と外を出入りしてたり自分以外の人が家に出入りしていたら教えてくれることも、1人でただ家の中にいるだけだったら分からないんだよ。


わたしは就職活動するならまだ若年者に入る年齢だけど、それでも相棒に『暑い』と言われた時には『ちょっと何言ってるかわからない╭(°A°`)╮』サンドイッチマンの富澤さんが降りてきたもの。

要は何言いたいんだ

まぁいつものように自分が何言ってるか分からなくなってるんだけど言いたいのは、、、家にいるだけの1人の人は、感覚が外界の人とは異なってる場合があるってことなんだ。


だから身近にそんな人がいて電話で「ちゃんとエアコンつけてね!」と言ったところで改善はしない。本人は「わかってるって!」と返事して終わりだから。

現地へ行って無理矢理にでも付けてあげるとか調節してあげないと、エアコンなどの設備があって自分の意思で使えるのに使わず屋内熱中症で亡くなる人は減らせない気がする。


家族が近くに住んでない場合はお金を払ってお願いしないといけないこともある。でもその行ってくれる人も不足している、、、その話は後にしよう。


ご近所づきあいとかが希薄になってる現代。携帯電話やネットで繋がることは昔よりできる。でも顔を見て声掛けしないことには解決しない問題もあると思う。
そんな事を言っているわたしも隣の住人とは話した事ないし、日中は1人だから声すら発してないけど。


若かろうが年配だろうが、どんな身体の状態だろうが関係なく、どうすれば適度に繋がることができるのだろうか?


福祉の谷間の住人のつぶやき。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村

2018.07.29.14:41

何故か感じる違和感には理由があったりなかったり

「死にたい」と言う人に対して「死んじゃダメだよ」って答えることに抵抗があった。


でも何故そう感じるのかが分からなかった。一般的には『偽善だからじゃない?』って言う人もいるだろうけど、偽善なんて他人が評価するモノサシではないと思ってるからこれも違う気がする。

今朝ふと感じた

今朝は久しぶりに相棒の出勤前に身体を起こす事ができて、お見送りできた。お見送りは、まず玄関で「いってらっしゃい」をしてから駐車場が見える窓へ移動し手を振るという流れ。


この窓から手を振って車が居なくなるのを見届けてた時に、「死ぬのが怖い」と感じた。何故そのタイミングなのか分からない。ただそこで降りてきた感覚。

それまでは「自由に動けないなら死んだも同然じゃん」とか「補助がないってことは、死ねって言われてるようなものなのかな」「わたしは(今話題の)生産性のない人間だから生きてる資格ないのかね」とかボンヤリ考えたりもした。



窓から手を振っていた時走馬灯のように思い出したのは、「あぁ、あの人に迷惑かけたなぁ。自分の病気のせいで。ごめんなさいって言えてないなぁ。」という記憶。そして「迷惑かけてるからわたしは死んだら地獄へ行くんだろうな」という流れ。

(迷惑かけたなぁとかっていうのは、あくまでわたしが勝手に想像して思ってるだけであって本人がどう思ってるかなんて本人しか知らない。なんていうのは置いといて)


まぁわたしの地獄感は明らかに『鬼灯の冷徹』の影響だろう。

そこで「死んだ方が今よりは辛いよな」という思いに至った。そう、だから死ぬのが怖くなった。


怖いと表現はしてるけど何も手につかない程とかのレベルでなく、「あぁ怖いなぁ」という感じ。

それから2時間くらい

ぼわやり頭の中を巡って出た想いは
今より辛いなら病気でも今の方がいいじゃんっ!って。起点はネガテイブかもしれないけど、結果としてポジティブなのかもしれない。

だけど何となく繋がった

冒頭の煮え切らない想いというか、抵抗があった言葉。「死にたい」と思ってる人の本当の辛さは他人には到底同じ大きさで感じることはできないから。できたとして寄り添うことしかできないから。

だから「死んだらダメだよ」に抵抗があったのかもしれない。その人にとっては死んだ方が楽かもしれないし、死んだ方が辛いかもしれないなんて分からない。あくまで他人は残された側からの意見しか言えないんだっていう思考に至った。


「ダメだよ」って言ってる側は親身に考えてくれて答えてるかもしれないし、言い出した人は「ダメだよ」って言ってもらいたくて言う人もいるかもしれない。


だから他人同士が言い合ってる事にケチをつけるわけではない。

その日のために

ただ、もし、わたしが大切な人から「死にたい」と言われたら何と答えるのか。考えた所で答えなんかあるのかすら分からないけどね。

「死ぬ」って話はタブー扱いされがちなイメージがあるから、なかなかそんな議論を他人とすることってないよね。『終活』って言葉も最近耳馴染みしてきた言葉のようにも感じるし。

さいごに

みんないつかは死ぬのにね。自覚あるなしに関わらず。明日生きてる保証なんて誰にもない。病気じゃなくたって自然災害や事故・事件で、どんなに元気で有能で将来性のある人も突然死んでしまうこともある。だから今を生きなきゃって思う。


客観的に『死』に対して考える事は悪い事じゃないと思うんだけどね。



なーんて、いつものように訳わからない文章を綴ってみた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村

2018.07.28.12:00