また走れるようになりたい

原因不明の体調不良で継続困難になり離職、現在ほぼ寝たきり生活中。脳脊髄液減少症でブラッドパッチ1回。HANSに症状が似てるということでBスポット療養をしてみている。症状・通院・その他の記録。

歯科通院記録①~歯自体の治療ができるまで~

月イチで歯医者には通っていたけど、なかなか噛み合わせが安定せずに先延ばしになっていた欠けた歯の治療。ついに実行。


欠けたって言えば何か違うな。5年くらい前(もっと前かな?)に虫歯の治療をして削った所。そこが笑えば見える位置だから銀歯は入れたくなくて。だから白い物にしたかったけど、当時は保険適用で白い物はなくて自費診療だけだったのだよ。


だから3万円くらいかかったけど、自費で白いのを入れたのだ。しかし1~2年で割れて取れてしまったの。



子供の頃から転勤族育ち、大人になっても色んな地域に住むスタイルは変わらず同じ歯医者に通うことが無理なのである。


だから新しい地で新しく通院できる病院を見つけないといけない。定住しない者の面倒くささは、そこかな(*¨*)


いざ歯医者へ

この地にも慣れてきた仕事も慣れてきた2015~2016年頃。そして歯が痛いからそろそろ歯医者行かねば!がやってきた。(この時痛い歯は欠けた歯じゃないやつ)

虫歯が出来たんだろうから治療してもらえば終わるだろうくらいに考えていた。



ちなみに、この当時自分の歯が欠けていることは忘れていた。


予約して歯医者に。衛生士さんがチェックしてくれて、いざ医師登場。すると秒殺で「これは大きな病院じゃないと無理ですね。紹介状出します。」


チ───(´-ω-`)───ン



自覚はなかったのだが噛み合わせがおかしくなっていた。そして「昔なったことがある」というくらいの認識であった顎関節症は健在であったのだ。


大きな歯科へ

痛い歯は虫歯ではなく、ヒビが入ってるだけとのこと。「歯ぎしり」「噛み締め」「顎関節症」による影響を少なくする為にマウスピースを作って寝る時にはめることに。


月イチで大きな歯科へ通いマウスピースの調整をし続け、顎を確認してもらっていた。


そんな月日は2~3年。


ようやく噛み合わせが安定してきた。歯の治療が始められた。


さてどうする?

今は時代も変わり、保険適用で白い詰め物もできていた。しかし医師曰く「そこは割れやすい位置」「また割れる可能性は高い」とのこと。


そして個人歯科と異なりきちんと、それぞれのメリットデメリットを教えてくれた。

  • 自費診療詰め物

【メリット】
①固くて比較的耐久性がある
②色も目立ちにくく自然な仕上がりになる
③着色汚れが付きにくい
【デメリット】
①高い(3万円くらい?)。
②再度割れない保証はない。割れたらまた治療しないといけない。
③形を取って後日また来ないと行けないから身体の負担はある。

  • 保険適用詰め物

【メリット】
①安い
②形大きさによっては、型を取らずにその場で形成する事ができるから1発で終わることもできる。
③割れてしまっても、再度保険適用で詰めれる。

【デメリット】
①自費診療のものに比べると耐久性は低い。割れる可能性高い。
②自費診療のものに比べると色が目立つ可能性がある。
③自費診療のものに比べると着色汚れが付きやすい。


ここまで説明してもらった。普段なら迷わず自費診療の方にするのだが現在は如何せん収入ゼロ(;_;)
とりあえず一旦検討にして議論は持ち帰った。



冷静に考えれば悩む余地はないのに、何故か悩んでる所が頭パッパラパーだな、わたしって思う。
自費診療のお金払えないじゃん(o´д`o)



そこで決意し、保険適用でお願いすることにした。先生曰く「3000円くらいでできると思う」との事だった。ただ実際残った前回の詰め物を外してみないと<その場で詰められるか><型を取らないといけないのか>が分からないとのことだった。


ここまできちんと教えてくれるので、この先生は安心して通える。
そして現在のわたしが身体が自由に動かないことも話してあるのと車椅子なの見ているから、できるだけ身体の負担が少ないように対応してくれるのもとても助かる。(長く通ってるおかげもあり、元気なわたしの事も知っているから余計に先生がビックリしている)

そういう人の集まる病院だから慣れてるってのもあるだろうけど(`・ω・)ゞ


長くなって疲れたので続きは次回。自分の覚書と同じように悩んでる人がいたら微かにでも参考になれば、、、

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

普通の包丁は手が痛いから、使える包丁を

手首やら指が痛くて包丁で玉ねぎ切るのもしんどかった(;_;)
働いてた時は毎日台所立ってたけど今はたまにしかできていない。そのたまにくらいはちゃんと料理したいもの。だけど普通の包丁って変な角度なのよね、持ち手。だから痛いのよ。


病院行けてないから原因分からないし、いつまで痛いのかも分からないけど痛いまま包丁使うことを想定して包丁の覚書φ(..)メモメモ


教えてもらったのは次の2つ。


ウカイ利器 UDグリップ包丁 オレンジ UC-4500

ウカイ利器 UDグリップ包丁 オレンジ UC-4500

ウカイ利器 UDグリップ包丁


楽楽丸包丁/MS02-550 三木刃物製作所

楽楽丸包丁/MS02-550 三木刃物製作所

三木刃物製作所 楽楽丸包丁


働いてたら気軽に買えるけど、今はすぐには買えないけど買うとしたら上のを買ってみよっと。

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



眠れぬ夜~過眠の中の不眠~

普段は過眠過ぎるほどに眠り姫状態なのに、数週間に1度くらい全く眠れない日がある。


それが前夜だった訳で、だからこんな時間に起きている。


眠れない日に法則があるのか?と検証しているが、1つだけ該当することを見つけた。



外界に連れてってもらった日!!



車の助手席→車椅子→車の助手席


という流れのみだが、連続して座位を保っていたり外界の情報量などで頭も身体もショートしてしまうのだろうか?



ほぼ布団の中にいるからなぁ。




これからも継続して検証する。

手が痛い

右手の痛みが出て数日。昨日から湿布を貼ってみているがさほど変わらない。

親指の付け根、親指第2関節(?)、人差し指付け根、人差し指第2関節、中指第2関節、右手首が痛いのである。


ちなみに、

  • 親指の付け根 = CM関節
  • 親指の第2関節 = MP関節

と、いうみたいなのは今回検索して知った💡



詳しくは↓↓↓

母(拇)指CM関節(親指の付け根)は素人目に見てもボコっと出っ張ってるから、変形してるのかな?押すと痛い。指先で何か摘もうとすると痛い。

ネットで「親指 付け根 痛い」で検索すると出てくるのが「母指CM関節症(親指の付け根の関節の変形性関節症)」。
出っ張ってる所や症状はとても近い。整形外科にまだ行ってないから、診断はされてないので想像の域。とりあえず湿布で様子見。

母指MP関節は出てるのか出てないのか左右差ないから素人には分からない。

  • 参考資料↓↓↓

母指MP関節靭帯損傷

こっちは違う気がするから参考まで。


最初はCM関節だけだったのに、痛いところ増えてきて今では手首まで痛い。かばってるせいなのか?






検索して大抵出てくるのは「手の使いすぎ」だから「安静に」がとりあえず試せることみたいだ。腱鞘炎ってやつだよね。
だからわたしも箸を左手で使ってみたり右手を休ませようとしてたんだけど、相棒に言われたのだ。


「え?寝てるだけだから、手使ってないじゃん?!」


って。



あっ(|| ゚Д゚)確かに言われてみたらその通り。仕事してた時は酷使してたけど、今は全く使ってなかったわ( ̄▽ ̄;)



じゃぁ、逆に何故痛いのか?謎。




整形外科恐怖症としては、整形外科はなかなか気軽に行けないしなぁ。直近で整形外科行ったのは昨年11月かな?


多発性硬化症の疑いで急ぎで神経内科へ回されたから、整形外科でほとんど相談できなかったという。

まぁ神経内科では異常なしだったから空振りではあったのだけれども。



湿布貼って、痛み止め飲むのが第1の家でできる様子見ってことでやってみる。ダメなら重い腰を上げて整形外科だなぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村

2018年10月現在の状態

現状をまとめてみようと思います。

現在の体調

  • 激しい倦怠感

少し動くだけでインフルエンザの様な怠さがやってきます。なので、少し動いては横になりを繰り返さないといけません。

  • 連続歩行困難

数歩であれば何とか前進できるのですが、連続すると足が上がらなくなります。またふらついても体勢を戻せない為に転倒します。
この為、外出は車椅子を使用しないと何もできない状態です。

  • 物忘れ

色んなことを忘れます。

  • 手の震え

連続している訳ではないのですが左手だけがたまに震えてます。どんな時に震えるのかは調査中です。

  • 浮腫

顔がパンパンにむくんで、目が開かなくなります。

  • 手足の冷え・微熱

胴体や顔には熱がこもり終始微熱ですが、手足は大抵冷えてます。

  • 右手親指付け根の痛み

左側脱力が続いていたので、右側でかばっていたせいか痛い部分が隆起してきました。


  • 左膝裏の痛み

どのタイミングでなるのか調査中ですが、ズキズキ痛くなります。

現在の通院

全身症状が子宮頸がんワクチンの副作用の子に似ていると言われ、Bスポット療法を続けて様子をみることになりました。また同時に減感作療法で体質改善中。
服用しているのは、アレルギー薬と漢方。漢方はツムラ125番。

  • 歯科

顎関節症と噛み合わせの治療の為。寝る時にマウスピースを装着。

  • 婦人科

子宮内膜症の為。(チョコレート嚢胞)
なかなか身体が動かず通院できていません。生理痛が酷すぎてロキソニンで耐えてます。

その他

  • 胃薬

市販の胃薬を試しに飲んでみたところ、(あまり食べてないのにあった)膨満感や便秘が解消されたので継続して飲んでいます。脳神経外科からはタケプロンが処方されていますが、こちらは効果ありませんでした。耳鼻咽喉科主治医に相談したところ市販の胃薬の配合を見てくれて悪いものはないとの事で継続することにしました。
この結果から、どうやら胃腸が動いていないことにより吐き気・食欲不振・膨満感が起こっていたみたいです。胃薬を飲んだ翌日は便通もあり、スッキリ出るとお腹空いてきます。
動けないことの弊害のようです。

さいごに

身体に異変が生じてから1年が経ちました。まだこれといった打開策も見つからないまま手探りで生きている状態です。

同じように原因不明の体調不良で苦しんでいる方にとって少しでも拠り所になれればいいと思いブログをはじめました。

個人差はあるので全く同じようにはいかないとは思いますが、こんな人もいるんだくらいに思っていただけたら幸いです。


本当は毎日更新するのが目標なのですが、如何せん身体が言う事を聞かないので飛び飛びになってしまいます。


にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

病院に行くことの大変さ

病院にすら行けない自分に(´・ω・`)ショボンとなってしまう。病院って体調悪いから行くものだと思ってたのに、この症状になってから「体調良くないと病院に行けない」事を知った。


いっけん矛盾してるようで、矛盾してない。この不思議さ。

病院に行くには、、、

まず起き上がれないと外出出来ないからね。


そこが難関なんだよねぇ_(-ω-`_)⌒)_




わたしは例え起き上がれたとしても、1人で外出出来ないから相棒の休みの日が病院に行けるチャンス。でもそこにピンポイントで起き上がれるかは、朝目覚めてみないと分からない。


なんて難儀な身体。本人が1番知りたいこと。それは、この日に起き上がれるの?わたし?ってこと。


だから予定を入れる事が難しい。



病院に行ってBスポット療法や点滴してもらうと改善するかもしれないのに。行けないのが悲しい。




さいごに


たまに本気で思う。
これは長い夢で次目覚めたら何事もなく動けてるんじゃないか?って。



にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

30代の終活

ネット世界にいると普段交流できない方と交流できたり、普段の生活では知ることが出来ないであろう様々な人の考え想いに触れることができる。


もちろん、良いこともあるし悪いこともある。心が温まることもあるし、無駄に傷つけられることもある。そして、考えさせられることもある。

2018年秋

今のわたしは、「これだ!」といった診断もなく一般的な検査では異常なし。つまりほぼ寝たきりだけど、外界で活躍されてる方と検査結果的には変わらない。むしろわたしより検査結果が悪い人も多いだろう。ある意味健康なんだな、わたし。


だから経済的な危機感はあったとしても、命という危機感はまだ感じていない現状。


でもネット世界では「死」と現在隣合わせの方や、突然違う世界へ行ってしまい家族がお知らせしてくれて認識する、、、という方と出会う。


わたしの語彙力ではなかなか上手く伝えられないんだけど、このモヤモヤは何なのかと考えていた。明日は我が身だからなのか?自分事化できてないからなのか?

終活

今は珍しい響きではなくなった言葉、終活。わたしの父もやっている。ある程度年齢を重ねたら身近な存在になるのだろう。

でも誰もが年齢を重ねてから死ぬ訳ではないんだよね。とネット世界で感じた。

何歳だって、健康だろうがなかろうが、誰もが1秒後に生きてる保証なんてない。


事件事故、天変地異。本人の自覚のないまま死ぬこともある。または、そんな大事じゃなくても突然身体の機能が停止することだってある。身体が機能してくれてるのだって、何故か分からないんだから。


余命宣告を受けるのは想像もつかないほど辛いことであろう。大半の人は余命知らぬまま突然死ぬのだろう。


グダグダ言ってて何が言いたいのかと言えば、年齢に関係なく終活はしてないといけないんじゃないかと感じたの。


途中で変われば(難儀な点が発見されれば)それをアップデートすればいいだけの話でしょ?アプリみたいに。


死ぬ前に何がしたいのか?いざ死ぬ時に走馬灯のように思い返しても後悔するだけな気がするから。だから。

さいごに

本当はこれを書き始めた時は「延命治療を望むのか?」という話を書こうとしたんだけど、総括して終活になってしまった。
終活ノートに延命治療を望むのか望まないのか書いておくだけでも考える場になるのかもしれない。

とりあえずわたしは書き始めようと思う。何に書こうかな。5年手帳かな。シンプルなノートかな。


頭がパッパラパーで毎度訳の分からない文章で申し訳ない。リハビリの一環である。


にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村